業務紹介

  1. 調剤

    当院では全面院外処方のため、調剤は主に入院患者さんの内服薬、外用薬を行っています。こども病院の調剤は、ほとんどが散薬・シロップ薬で量も少ないため調剤にはかなりの時間を要します。

    また、市販されていない散薬は、錠剤をつぶしたりして子供が飲みやすい様に調製しています。

  2. 院外処方箋の発行

    薬剤部では、院外処方箋を窓口で監査後、かかりつけ薬局へのフ ァックスサービス及び院外薬局からの疑義照会も行っております。

  3. 高カロリー輸液(TPN)の調製

    クリーンベンチ(清潔に調製できる装置)を用いて、食事が取れない患者さんに高カロリーの輸液を清潔に調製し提供しています。これにより食べなくても点滴で栄養が取れます。

  4. 治療薬(抗ガン剤)調製

    抗ガン剤は決められたプロトコール(投与計画)に従い投与されます。

    薬剤部ではプロトコールを確認監査後、病棟設置の安全キャビネット(抗ガン剤による汚染を防ぐ装置)を用い注射薬を調製しています。

  5. 医薬品の管理

    治療に必要な薬は、製薬会社などで厳重な管理の下で製造されています。しかし、薬によってはその品質が温度や湿度等の環境に左右されやすいもの、麻薬及び向精神薬・毒薬など保管の厳しく定められている薬もあります。薬剤部では、治療に必要な薬の品質の確保・安全管理のため、病院内での薬の適切な保管・管理を行っております。

    さらに、このような品質管理のみならず購入数量の管理、血液製剤に関しては製造番号の20年記録を行っております。

  6. 情報提供

    患者さんにお渡しする薬の袋に、薬の名前・服用方法などを印刷しております。これは、薬を服用する患者さんそしてご家族の方が薬を理解し、安心して、そして安全に服用してもらうためです。

    また、院内ネットワーク(LAN)を用いて各医師及び医療従事者に対して情報提供を行っております。これにより、紙面で配布するより迅速で的確に情報を伝えることができます。