電子カルテをはじめとする院内で利用している情報機器および情報システムを正常に稼働させるために、そしてより使いやすくするために日々努力をしています。

コンピューター関連機器のハードウエア・ソフトウエアの進歩は驚くほど速く、電子カルテや医療機器に反映されてきます。我々は、常に情報収集を行うとともに、その活用方法を見いだし、日々進歩し続けていくことを目標に努めています。

人員体制

室長1名(総括、医療技術局次長兼務)
医事システム担当1名(経営企画課係長兼務)
専任職員4名(臨時職員を含む)

業務活動

  1. 電子カルテ(IBM CIS+)の維持管理。
  2. 医事会計システム・自動再来受付機・自動精算機・外来表示板システム・会計処理済み表示システムの維持管理。
  3. フィリップス重症患者部門システム(PIMS)、手術部門システム(ORSYS)、薬剤・放射線・検査・栄養・リハビリ・病理などの部門システムの維持管理。
  4. 電子カルテと各部門システムとの連携。
  5. 情報システムを活用した業務改善。
  6. 共有サーバの維持管理(電子カルテ系、情報系FileMaker Server)。
  7. 院内・院外Webサーバの維持管理。
  8. ホームページの作成・維持管理。
  9. グループウエア(サイボウズ)の維持管理。
  10. FileMakerを利用した業務補助システムの構築および維持管理。
  11. DWHシステムを利用したデータ抽出および統計業務。
  12. 電子カルテおよび情報系端末の維持管理。(約400台)
  13. ソフトウエア管理。(SAM)
  14. ファイアウォール・ウィルス対策に関連する維持管理。
  15. ネットワーク・セキュリティの維持管理。(有線・無線・VLAN・SSID・DHCP管理)
  16. 外部接続システムの維持管理。
    1. TV会議システム
    2. 放射線遠隔画像診断システムの維持管理
    3. 超音波遠隔画像診断の構築・維持管理
  17. IT化推進委員会及びIT化推進委員会ワーキンググループの開催
  18. 安全講習・セキュリティ講習・教育講習などの開催

取得資格

診療情報管理士、上級医療情報技師、医療情報技師、日本医療画像情報専門技師、情報処理技術者、ウエブデザイン技能士など。