医療教育局は、平成24年7月に茨城県と筑波大学附属病院の連携によって設立されました。筑波大学附属病院・茨城県小児地域医療教育ステーションとしても、茨城県の小児医療の拡充および小児科研修医・小児科医師教育の充実を目的として活動しています。

こども病院は昭和60年の開院以来、茨城県小児医療の中核病院の一つとして小児医療の発展に大きな貢献をしてきましたが、茨城県、特に県北・県央地域ではいまだに小児科医師の不足や偏在の問題があります。当院は初期研修医の基幹病院となる条件を満たさないため、基幹病院初期研修医を受け入れて小児科研修を担当しています。できるだけ多くの初期研修医に小児医療に興味を持ってもらえるような研修を行い、将来の小児科医師数を増やしていくことが重要です。

もう一つの目的である臨床教育環境の整備については、こども病院の豊富な小児専門診療の実績と筑波大学の教育機能、最新の研究施設を統合して、将来、指導的立場に立てる小児科医師を一人でも多く育てて行くことを目標としています。初期研修から専門性の追求まで幅広く医師の生涯教育を支援し、学位や専門医の取得を含めてさまざまな医師のニーズに対応していきたいと考えています。

  

スタッフ

 氏 名専 門 
局長堀米 仁志小児循環器病学筑波大学医学医療系小児内科・教授 兼任
 小林 千恵小児血液腫瘍学筑波大学医学医療系小児内科・准教授 兼任
 田中 竜太小児神経学筑波大学医学医療系小児内科・講師 兼任

業務活動

(1) 診療・教育業務

構成員3名はそれぞれ小児科学における専門分野を持ち、こども病院および筑波大学附属病院における診療業務に携わっています。また、筑波大学医学群・医学類および大学院(人間総合科学研究科・疾患制御医学専攻、フロンティア医科学専攻)の教官を併任し、医学教育と大学院生の研究指導に当たっています。

循環器領域では、成人に至った先天性心臓病患者数の増加に対応するため、こども病院、筑波大学附属病院、県立中央病院、水戸済生会総合病院の4者で診療の連携について話し合いを重ね、平成26年から県立中央病院、水戸済生会総合病院で「成人先天性心臓病外来」を開設しました。今のところ両病院月1回の専門外来(担当:堀米)を開設していますが、患者数は増加しています。従来の筑波大学附属病院における同外来と合わせ、県内全体をカバーできるようになることが期待されています。また、医師不足地域の小児医療支援の目的で、北茨城市民病院と県西総合病院でも月1回の小児循環器専門外来を開設しています。

(2) 院内研修医教育・学術面

  1. 研修協力型病院として以下の研修基幹病院の小児科初期研修プログラム編成、運営に参加
    筑波大学附属病院、茨城県立中央病院、国立病院機構水戸医療センター、
    水戸済生会総合病院、水戸協同病院、東邦大学医学部附属病院
  2. 初期研修医、専修医(後期研修医)を対象としたレジデントレクチャーの運営
  3. 院内学術報告会の運営(第6回から医療教育局で担当。年2回)
  4. 受賞演題
  5. 若手小児科医師の論文執筆指導
  6. 小児内科系連絡会議の運営
  7. こども病院小児科医師の筑波大学昼夜開講大学院への入学、臨床研究の支援
  8. 大判プリンタによる学術集会等における発表用ポスター等の印刷支援

県央つくば成人先天性心疾患症例検討テレビ会議

参加病院・診療科

  • 筑波大学附属病院:小児科、循環器内科、心臓血管外科
  • 水戸済生会総合病院:循環器内科
  • 茨城県立中央病院:循環器内科、循環器外科
  • 茨城県立こども病院:小児循環器科、心臓血管外科、看護部
  • 水戸協同病院:循環器内科
 開催日テーマ
平成28年度
第12回4月14日・Amplatzer ASD閉鎖栓の適用基準(特に成人ASDについて)
・経食道エコーによるASDの診断
平成27年度
第11回1月14日・心エコーによる心機能評価の基礎
第10回11月19日・「心不全を呈した無脾症候群、単心室、TCPC術後の25歳男性」
 (筑波大学)
・成人先天性心疾患の薬物治療
第9回9月10日・「川崎病性冠動脈瘤・狭窄の13歳男児」
 (茨城県立こども病院)
第8回7月23日・「VSD術後、PR, TR, AR・心不全を伴い、子宮内感染で流産に至った35歳女性」
・「大動脈縮窄症・離断症術後の高血圧について:29歳男性」
 (水戸済生会総合病院)
第7回5月28日・「高度肺高血圧症を合併した心房中隔欠損症の66歳女性の治療方針」
・「Fallot四徴症術後、三尖弁逆流、右心不全、低Alb血症を呈した40歳女性」
 (筑波メディカルセンター病院)
平成26年度
第6回3月5日・「Fontan手術に到達せず脳膿瘍を合併した単心室の25歳男性」
第5回2月5日・「妊娠希望のフォンタン術後女性」
第4回12月11日・「BTシャントのみ施行してあり、心不全、呼吸困難を呈したFallot四徴症の72歳女性」
 (日立総合病院症例)
第3回11月13日・大動脈二尖弁症概論
・「大動脈2尖弁の大動脈弁逆流の27歳、手術時期の検討」
第2回10月2日・「ASDにMCTD、肺高血圧を合併した20歳女性」
第1回9月11日・Fallot四徴症概論
・「Fallot四徴症術後、肺動脈弁逆流、右心不全、心房頻拍を呈した40歳女性」

レジデントレクチャー実施内容

実施日担当テーマ
平成28年度
6月6日新井新生児の診察法
5月31日村上一般的な先天性心疾患(VSD、ASD、AVSD、TOF)
5月19日中尾oncologic emergency
5月12日本山乳幼児の発熱
4月27日雪竹感染対策の基本
4月20日福島熱性けいれんへの対応のしかた
平成27年度
11月17日本山頭部外傷の対応
9月9日加藤小児白血病の診断と治療
7月9日塩野川崎病の診断と治療
6月30日村上小児の心電図の読み方
6月18日小池出血性疾患の概要と診断の進め方
6月12日田中てんかんの初期診療
6月2日堀米小児心エコーの基本
5月11日新井新生児診察
4月21日脱水輸液
4月14日本山けいれん重積の対応
平成26年度
1月16日新井新生児の診察―主に外陰部
1月13日堀米心房中隔欠損症の診断
11月25日村上小児の心電図の読み方
11月19日新井新生児の診察法
11月12日土田血液像基礎講座
10月3日堀米ファロー四徴症の診療
9月12日堀米心室中隔欠損の症例
8月22日田中てんかんの診療
7月28日堀米小児の心電図の読み方
7月11日福島熱性けいれんと急性脳症について
7月2日加藤血球の見方
6月27日堀米成人先天性心疾患診療とペースメーカの進歩
6月20日本山生後3か月以下の発熱児への対処
5月16日小児の輸液療法
5月9日村上心電図の読み方
4月24日新井新生児の診察法

小児救急診療ガイドブックとAPLS(PAT) 担当:小池
平成27年度平成26年度
1月4、5、6、8日
12、13、14日
2月3、4、5、9日
10、12、13、16日
12月2、3、4日
7、8、9日
12月2、3、4、5日
8、9、10、11日
10月6、7、8日
9、13日
6月3、4、5、6、9、10日
17、18、19、20、23、24日
8月6、7、10日
11、12日
5月2、7、8、9、12、13日
6月2、3、4、5、8日
10、11、12、15、16日
4月3、4、7、8、9、10日

文部科学省科学研究費補助金および厚生労働科学研究費補助金の研究班での研究活動

  • 平成27-29年度文部科学省科学研究費補助金(研究代表者:堀米仁志)
    研究課題「早期に発症する遺伝性不整脈の遺伝子型と臨床的表現型の関連の検討及び治療法の確立」
  • 平成26年度文部科学省科学研究費補助金(研究代表者:堀米仁志)
    研究課題「胎児・新生児期に発症する遺伝性不整脈の遺伝的背景と臨床的表現型に関する研究」
  • 平成27-29年度厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患等政策研究事業「遺伝子診断に基づく不整脈疾患群の病態解明および診断基準・重症度分類・ガイドライン作成に関する研究」(研究代表者:堀江稔、研究分担者:堀米仁志)
    研究課題「独立成分分析と主成分分析を用いた先天性QT延長症候群のT波の解析~先天性QT延長症候群1型と3型を対象とした検討~」
  • 平成27-29年度厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患等政策研究事業「小児期心筋症の心電図学的抽出基準、心臓超音波学的診断基準の作成と遺伝学的検査を反映した診療ガイドラインの作成に関する研究」(研究代表者:吉永正夫、研究分担者:堀米仁志)
  • 平成26年度厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患等政策研究事業「遺伝性不整脈疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン等の作成に関する研究」(研究代表者:堀江稔、研究分担者:堀米仁志)
    研究課題「遺伝子診断された先天性QT延長症候群7型(Andersen-Tawil症候群)の心電図解析~独立成分分析と主成分分析を用いたU波の解析~~」
  • 平成26年度厚生労働科学研究費補助金、循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業「未成年者、特に幼児、小・中学生の糖尿病等の生活習慣病予防のための総合検診のあり方に関する研究」(研究代表者:吉永正夫、研究分担者:堀米仁志)
    研究課題「幼児、小中学生における血液凝固線溶系の変動が生活習慣病危険因子に与える影響と介入効果」
  • 平成26-27年度厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患等政策研究事業「進行性大脳白質障害の疾患概念の確立と鑑別診断法の開発」(研究代表者:山本俊至、研究分担者:田中竜太)

学会活動等

堀米仁志

  • 茨城県教育インストラクター
  • 茨城小児科学会:理事
  • 日本小児循環器学会:評議員、学校心臓検診委員会副委員長、小児慢性疾患事業対策委員会副委員長、社会制度委員会委員、プログラム委員会協力員、形態登録委員会協力員、茨城県小児循環器研究会代表幹事
  • 日本胎児心臓病学会:理事、学術委員会委員長
  • 日本循環器学会:QT延長症候群ガイドライン作成委員会委員、学校検診ガイドライン作成委員会委員
  • 日本心臓病学会:特別会員 FJCC
  • 日本不整心電学会:評議員
  • 日本生体磁気学会:評議員
  • 日本小児心電学会:幹事
  • 日本小児心筋疾患学会:幹事
  • アジア心磁図シンポジウム:代表幹事

田中竜太

  • 茨城県教育研修センター:平成26-28年度専門医による心の健康相談事業 担当医師
  • 茨城県鹿行教育事務所:平成26-28年度専門医による相談事業 担当医師

受賞

堀米仁志:未踏科学技術協会 第18回(平成26年)超伝導科学技術賞
「超伝導量子干渉素子を用いた心磁計による胎児不整脈診断学の確立」