業務内容 NSTだより

  1. 給食
    • 入院している患者さんの給食を提供いたしております。
    • 乳児の場合は、粉ミルクや離乳食を提供しております。
    • 付き添いをしているご家族の給食を実費にて提供しております。
      お子様と同じお部屋で一緒に召し上がることも可能です。
      (詳しくは看護師までご相談下さい。)
  2. 食事時間
    幼児食および学童食離乳食
    時間内容時間前期中期後期
    7:00朝食10:00
    10:00おやつ15:00
    12:00昼食18:00
    15:00おやつ※お子さんの成長・発達に応じて2回食、
    3回食も対応させていただいております。
    18:00夕食

  3. 行事食
    入院中のお子様が楽しくお食事が出来るように季節の行事に合わせたメニューを提供させていただいております。
    行事食メニュー一覧
    行事名メニュー
    1月正月
    七草
    鏡開き
    2月節分
    聖バレンタインデー
    3月ひなまつり
    ホワイトデー
    5月こどもの日
    7月七夕
    土用の丑の日
    9月十五夜
    10月ハロウィン
    十三夜
    12月冬至
    クリスマスイブ
    クリスマス
    大晦日
    *年により実施月が変更になるイベントもあります。また、材料の都合によりメニューが変更になる場合があります。
  4. 栄養指導

    食事療法が必要な方には管理栄養士による栄養指導を行なっております。

    栄養相談を行ないます。(ご希望の方は担当医にご相談下さい。)

  5. 栄養管理

    茨城県立こども病院では入院しているお子さん一人一人の栄養管理をNSTがサポートしています。

    NSTとは栄養サポートチーム(Nutrition Support Team)のことで、多職種の集団(チーム)により基本的医療のひとつである栄養管理を、症例個々や各疾患治療に応じて適切に実施することです。NSTメンバーは医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、検査技師、事務員で、各専門知識を生かして栄養管理をします。

    当院では、NSTの設立に向けて、2007年9月東本恭幸先生のご指導を得て、2008年1月より活動を開始し現在に至っています。


    • 当院NSTの主な活動は
      • ミーティング(毎週月曜日)
      • 栄養状態のスクリーニング
      • 栄養管理の指導や提言
      • コンサルテーション
      • 勉強会
      • NSTだよりの発行
    • 栄養状態のスクリーニングについて

      全ての入院患者さんを対象に、入院時に栄養管理計画書を作成し、栄養状態を評価します。

      栄養学的リスクのある患者さんについては定期的に再評価を行います。

    • 栄養管理の指導や提言

      各科から依頼を受けた症例について、毎週ミーティング時に検討を行い、栄養管理の指導や提言を行っています。栄養学的な問題が解決するまで、フォローを続けます。


    設立から10年以上経過し、定期的なスクリーニングが軌道に乗り、最近は胃ろうからのミキサー食注入や嚥下訓練など新しい栄養サポートを試みています。また、職員向けにNSTだよりを発行しています。

NSTだより