入院の手続きについて

  1. 予約入院の場合
    入院が決まりましたら、入院受付で下記の書類を受け取り、必要事項を記入し、入院当日に入院受付に提出してください。
    • 入院申込書
    • 身元引受書
    • 誓約書
    • 保証書(注)
    (注)保証書にある保証人とは、保護者1人と県内在住で生計を別にしている保証能力のある方1人の計2人です。
  2. 時間外入院の場合
    入院の手続きは後日になります。平日の8:30から17:00までに入院受付で手続きをして下さい。
  3. 手続きの際お持ちいただくもの
    • 母子健康手帳
    • 健康保険証
    • 印鑑
    • 診察券
    ※公費負担のある方
    • 医療福祉費受給者証、医療券または患者票など
  4. 公費負担制度
    医療費の公費負担の制度等につきましては、成育在宅支援室(医療ソーシャルワーカー)又は受付でお尋ね下さい。

入院当日の流れ

  1. 入院手続きに多少お時間を要しますので、予約時間の30分前までに入院受付においで下さい。
    あらかじめ必要書類をお渡ししている場合は、忘れずに持参して下さい。
  2. 受付で必要書類を提出していただき、入院手続きをお済ませになったら外来計測室にお越し下さい。
    入院に問題がないかどうか診察をいたします。予防接種についてもお尋ねいたしますので母子健康手帳をご用意下さい。
  3. 外来診療のあと看護師が病室へご案内いたします。

入院するにあたって注意事項

  1. 感染症(うつる病気)
    はしか、水痘(みずぼうそう)、おたふくかぜ、風疹などの感染症にかかっている場合や4週間以内にそれら感染症の患者さんに接触した場合には、入院できない場合がありますので、事前に外来までお知らせ下さい。また、まわりでの流行についてもお尋ねしますので、医師や看護師にお知らせ下さい。
  2. 手術などの入院の場合、入院予定日の2~3日前から熱、せき、下痢等の症状のあるときや手術・検査前1ヶ月以内に予防接種を受けた場合は、手術・検査を延期することがありますので、事前に外来までご連絡下さい。
  3. MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)について
    MRSAは一般の方の皮膚や鼻腔にも常在するブドウ球菌の一種で病原性が特に強いわけではありませんが、抵抗力が落ちている場合は、病気を起こすことがありますので隔離して守ります。 当院では、MRSAがうつるのを防ぐため、できる限りの努力をしておりますが、入院患者さんから完全に菌をなくすことは不可能なことをご理解下さい。疑問の点は医師や看護師にお尋ね下さい。

面会について

  1. 感染予防のため、面会は保護者2名のみとさせていただきます。なお、小学生以下のお子さまは、入室できませんのでご了承ください。
  2. 入室前に、簡単な感染チェックをしてから入室していただきます。
    風邪・はしか・水痘・おたふくかぜ・風疹・インフルエンザなどの感染症の方はご遠慮願います。
    また、それらの患者さんに接触された方は来院前にご連絡下さい。
  3. 院内での飲酒、喫煙は固くお断りいたします。
  4. ご家族が院内で飲食される場合には、1階職員食堂内の談話コーナーをご利用下さい。
    利用時間 午前6時から午後7時30分まで
  5. 生花の持ち込みはお断りいたします。
  6. 病棟運営上、面会時間を下記のとおりとさせていただきます。
      • 3A病棟
      • 毎日
         6:00~ 8:00
        11:00~16:00
        17:00~22:00
      • 2A、2B、2C病棟
      • 毎日
        11:00~21:00
  7. 面会家族、付き添い家族の方々は「入館証」を着用してください。

入院費用について

  1. 費用の概算については、受付または病棟クラークにお尋ね下さい。
  2. 入院中の会計は、毎月末に1ヵ月分をまとめて、翌月10日ごろに請求させて頂きますので、納入期限までに会計受付にてお支払い下さい。
  3. 退院の際は、退院時に会計受付にてお支払い下さい。なお、伝票等の整理などの理由により、後日(退院後)追加請求させていただくこともありますので、あらかじめご了承下さい。
  4. 会計受付時間は、平日(月曜から金曜)の午前9時から午後5時までです。
  5. 領収証書は、医療費税額控除・高額療養費払い戻し等に必要となりますので、大切に保管して下さい。領収証書の再発行はいたしません。

院内訪問学級

長期入院の必要な就学児童・生徒は、茨城県立友部東養護学校の訪問教育制度により授業が受けられます。手続きが必要ですのでご希望の方は看護師までお尋ね下さい。

ファミリーハウス

遠隔地からの入院や長期の入院に際し、付き添いや面会などに来られるご家族の経済的・精神的負担の軽減を図るための家族宿泊施設です。利用手続き、料金等については病棟の看護師または成育在宅支援室にお尋ね下さい。

詳しくはこちらをご覧ください。