小児血液腫瘍科

スタッフ紹介 (詳細はこちらから)

医 師 名職  名専  門
小池 こいけ   和俊 かずとし 第一医療局長
医療技術部長
臨床心理科長
リハビリテーション科長
小児血液腫瘍
造血細胞移植
小児がん
加藤 かとう   啓輔 けいすけ 小児専門診療部長小児血液腫瘍
造血細胞移植
小児がん
小林 こばやし   千恵 ちえ 小児専門診療部副部長
医療教育局
小児血液腫瘍
造血細胞移植
小児がん
吉見 よしみ   あい 小児血液腫瘍科医長小児血液腫瘍
造血細胞移植
小児がん
土田 つちだ   昌宏 まさひろ 名誉院長小児科学
小児血液腫瘍
造血細胞移植

診療科の特色

血液腫瘍診療グループは、開院時から、小児血液疾患・固形腫瘍 の治療を専門に診療しています。当院グループの特徴は、化学療法 ・造血幹細胞移植を中心に行う病棟で、最新の化学療法から造血幹 細胞移植までの一連の治療を遂行できることです。スタッフでのグループ診療を行っています。

主な診療対象疾患

  1. 悪性疾患
    血液腫瘍:急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、骨髄異形成症候群、ランゲルハンス細胞組織球症など
    固形腫瘍:神経芽細胞腫、肝芽腫、Wilms 腫瘍、脳腫瘍など
  2. 非悪性疾患
    血液疾患:貧血、球状赤血球症、再生不良性貧血、血友病、特発性血小板減少性紫斑病、好中球減少症、血球貪食症候群など
    先天性免疫不全:慢性肉芽腫症、ウイスコット・オルドリッチ症候群、X連鎖リンパ増殖性疾患、家族性血球貪食症候群、慢性活動性EB ウイルス感染症など
    先天性代謝異常症:ムコ多糖症、Gaucher 病など

治療内容等

当科では、多施設共同治療研究に参加し、上記疾患の日本における最新治療を提供するように努めています。

  1. 悪性疾患(血液腫瘍及び固形腫瘍)に対する治療
    血液腫瘍に治療については、東京小児がん研究グループ(TCCSG)に所属し、他施設共治療研究での化学療法(抗がん剤治療)を行っています。基本的には最新のTCCSG方法で治療を行います。
    悪性度が高い場合、化学療法が無効、再発した場合などでは、ガイドラインに従い造血幹細胞移植を行います。治療前には十分な説明をさせていただいたうえで同意を頂きます。(他の治療も希望により可能です)。
    固形腫瘍は、小児外科と連携して、化学療法・放射線照射を担当して、治療を行っています。
  2. 非悪性疾患に対する治療
    再生不良性貧血に対しては免疫抑制両方および同種骨髄移植を施行し、特発性血小板減少性紫斑病に対してはガンマグロブリン療法又は免疫抑制療法を行っています。また先天性免疫不全症や代謝異常症に対しては同種骨髄移植を施行します。
  3. 造血幹細胞移植
    造血幹細胞移植専用の完全無菌室2床、準無菌室4床を有し、骨髄バンク、臍帯血バンクの設立当初から認定病院となり、移植経験を積極的に積んできました。血液腫瘍疾患には、病型や病期に応じて、自家移植(自家末梢血、自家骨髄)および同種移植(同胞・親子間、非血縁者間、非血縁者間臍帯)を、行います。HLA不一致移植(非血縁者および血縁者)、前処置減量したミニ移植にも取り組んでいます。御家族にも無菌室に入っていただいて移植をすすめています。
  4. 家族宿泊施設
    遠方より来院され長期入院される患者さんのご家族のために慢性疾患児家族宿泊施設「ファミリ-ハウス」があります。
  5. その他
    血液腫瘍患者主体の病棟を有し、プレイルームがあり、病棟専属の保育士1名が勤務します。学童にたいしては、院内学級(小中学校)が設置され、長期入院患者さんに対して、学習面の対応をしています。