スタッフ紹介 (詳細はこちらから)

医 師 名職  名専  門
奥山 おくやま   和彦 かずひこ 麻酔科部長麻酔科
武田 たけだ   由記 ゆき 麻酔科医長麻酔科
助川 すけがわ   岩央 いわお 麻酔科医長麻酔科
佐藤 さとう   恭嘉 やすひろ 麻酔科医師麻酔科
前田 まえだ   良太 りょうた 麻酔科医師麻酔科
小林 こばやし   可奈子 かなこ 麻酔科医師麻酔科
熊田 くまだ   有紀 ゆき 麻酔科医師麻酔科
大和田 おおわだ   麻由子 まゆこ 麻酔科医師麻酔科
町田 まちだ   大二 だいじ 麻酔科医師麻酔科
島田 しまだ   憲佑 けんすけ 麻酔科医師麻酔科

診療科の特色

茨城県は、人口10万人当たりの麻酔科医数では、全国平均の6.557人には遠く及ばず、たったの3.743人で、全国最下位グループに属しています。

しかし、茨城県立こども病院には、小児麻酔を専門とする麻酔科医が常勤しています。これは、専門の麻酔科医が常勤している病院( 日本麻酔科学会認定病院)が少ない茨城県では特記すべきことです。

茨城県立こども病院では手術室スタッフとともに専門の麻酔科医が麻酔を担当して、おこさまの手術・検査が無事に終えられるように日々努力しています。しかし、残念ながら小児を専門とする麻酔科医の確保に非常に苦労しているのも事実です。

麻酔科医の一般的な仕事については、 日本麻酔科学会のホ-ムペ-ジに解説してあります。

茨城県立こども病院の麻酔科では、年間約600-700例の全身麻酔を担当しています。未熟児・新生児を含む1歳未満のおこさまの麻酔がその4割を占めています。体重が500g台の超小さい赤ちゃんの麻酔も経験しています。

そけいヘルニア手術など小児外科手術に加えて、心臓の手術、心臓カテーテル検査、MRI検査の麻酔を担当しています。当麻酔科では、硬膜外麻酔という方法を利用して手術中だけでなく、手術が終わった後もおこさまが痛みを感じないですむように管理しています。 小児麻酔一般に関しては、 小児麻酔学会の解説をご覧下さい。